「新燃岳」 火山噴火予知連「中長期的には活動高まっている」

霧島連山の「新燃岳」について、専門家などで作る火山噴火予知連絡会は火山性地震などの活動は落ち着きつつあるが、山頂付近の膨張が続くなど中長期的には活動が高まっている可能性があるとの検討結果をまとめました。

火山噴火予知連絡会の定例の会合が5日気象庁で開かれ、全国の火山活動について検討しました。

このうち、鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳ではことし3月に火山性地震が増え、地下深くのマグマの蓄積を示す地殻変動も観測されたことから噴火警戒レベルが「2」に引き上げられました。

5月中旬以降、地震の回数は減少傾向にあるうえ西側斜面の割れ目付近でみられていた地熱域の拡大も特段の変化はなく、火山ガスの量も少ないということです。

会合後に開かれた記者会見では、霧島連山の硫黄山でもことし4月から先月にかけて、衛星を使った観測で山頂付近がわずかに隆起する地殻変動が解析されたという最新の研究結果が紹介されました。

ただ4月以降、新燃岳付近の膨張を示すと考えられるわずかな地殻変動が認められ、中長期的に活動はやや高まった状態となっていて、今後の推移には注意が必要だとしています。

火山噴火予知連絡会の会長で九州大学の清水洋名誉教授は、これを引用した上で「新燃岳を含めた霧島連山では深部のマグマの蓄積が観測され、すぐにおさまる状況ではない。切迫性は高くないが、硫黄山では山体の緩やかな膨張でも過去に水蒸気噴火が発生している。新燃岳などではどれぐらい膨張が続くか、今後注視していく必要がある」と話していました。