SDGs テーマに 美容専門学校生が発表会 宮崎市

ヘアメイクなどを学んでいる専門学校生が、日ごろの学びをいかして衣装や髪型など全身をアートで表現するショーを行い、観客を魅了しました。

宮崎市にある美容関連の専門学校が開いたショーには、美容師を目指したり、ネイルアートやエステを学んだりしている学生46人が参加しました。

ことしは、国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」がテーマで、学生たちは17の目標の中からひとつを選び、舞台上で行うヘアメイクや衣装、それにダンスで表現します。

このうち、「人や国の不平等をなくそう」をテーマにしたグループは、平和や幸福をもたらす“神様”を、金色の冠やドレスで表現しました。

また、「働きがいも経済成長も」をテーマにしたグループは、今後、仕事が徐々にAIに奪われるとも言われる中、人間とAIが共存する社会を、機械の色合いをイメージした銀色のメイクや衣装で表現していました。

学生ならではの自由な発想に、ショーを見に来た高校3年生の男子生徒は「どれもすばらしく感動しました。自分も出てみたいと思いました」と話していました。

また、参加した学生は「これまで学んできたことを発表できる場があって本当に楽しかった。この経験を今後の活動にもいかしていきたい」と話していました。