小学生が宮崎県産の豚肉使ったギョーザ作り 日南市

日南市の小学校で、子どもたちが県産の豚肉を使ったギョーザ作りに挑戦しました。

JA宮崎経済連が開いたもので、日南市の潟上小学校の家庭科室には6年生19人が集まりました。

はじめに地元の養豚農家の男性が「豚肉にはビタミンB1などいろんな栄養がぎゅっと詰まっています」と説明したあと、子どもたちは早速、ギョーザ作りに挑戦しました。

今回作るのは、いずれも県産豚のひき肉を使ったひき肉だけのものと、ひき肉にチーズを混ぜ合わせたものの2種類。

児童たちは手でこねたあんを皮に乗せ、専用の器具を使ってギョーザの形に包み込んでいきましたが、中にはあんの量が多すぎて外にはみ出してしまったものもみられました。

そして最後に、フライパンで焼き目がつくまで焼いてギョーザを完成させ、その場で試食しました。

女子児童の1人は「肉がジューシーで脂がのっていておいしかったです。地元にこんなにおいしい肉があるんだとびっくりしました」と話していました。