茨城県 24日夜遅くまで土砂災害・川の増水に警戒

台風15号や台風から変わった温帯低気圧などの影響で茨城県は24日、大気の状態が非常に不安定となり、大雨となりました。
県内ではこれまでに降った雨で災害が起きやすくなっていて、気象台は、24日夜遅くにかけて土砂災害や川の増水に警戒するよう呼びかけています。

水戸地方気象台によりますと、台風15号から変わった温帯低気圧と北日本から延びる前線の影響で、茨城県は大気の状態が非常に不安定になっています。
県内では24日、未明から朝にかけて非常に激しい雨を観測し事前の予想を上回る大雨となったほか、午後からも非常に激しい雨が降ったとみられます。
県内に出されていた土砂災害警戒情報は夕方までにすべて解除されましたが、県内では降り始めからの雨量が100ミリを超えた所もあり、今後少しの雨でも土砂災害や川の氾濫につながるおそれがあります。
気象台は、県内では24日夜遅くにかけて土砂災害や河川の増水に警戒し、低い土地の浸水に十分注意するよう呼びかけています。
また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。