入管施設 カメルーン人男性死亡 国に賠償命じる 水戸地裁

8年前、茨城県牛久市の入管施設に収容されていた、43歳のカメルーン人男性が死亡したことをめぐり、適切な医療を受けさせていなかったなどとして遺族が国に1000万円の賠償を求めていた裁判で、水戸地方裁判所は、「入管施設の職員らの注意義務違反の程度は決して軽いとは言えない」と指摘し、国に対し165万円の賠償を命じました。

2014年3月、茨城県牛久市の入管の収容施設「東日本入国管理センター」に、収容されていた43歳のカメルーン人男性が死亡し、男性の母親は「不調を訴えていたのにも関わらず速やかに救急搬送などを行わず適切な医療を受けさせなかった」などとして国に対して1000万円の賠償を求めていました。
これに対し、国は、専門的な知識のない職員が救急搬送の必要性があると認識するのは難しかったなどとして訴えを退けるよう求めていました。
16日の判決で、水戸地方裁判所の阿部雅彦裁判長は、「死亡する前日の夜、男性は苦しげな様子を見せ、『アイムダイイング』死にそうだ、などと繰り返し叫んで訴えていて、その時点で救急搬送を要請すべきだった」としたうえで、「翌朝、心肺停止の状態で発見されるまで救急搬送を要請しなかった過失があると認められる」と指摘しました。
また、入管の対応と男性の死亡との因果関係については認めませんでしたが、救急搬送され医療機関で手当てを受けていれば延命の可能性はあったとしました。
そして、「職員らの注意義務違反の程度は決して軽いものとは言えない」として、165万円の賠償を国に命じました。
弁護団の会見では亡くなったカメルーン人男性の遺族の今回の判決を受けたコメントが読み上げられました。
このなかで遺族は訴えの一部が認められなかったことについて納得がいかないとしたうえで、「愛する家族がまさか日本の国の施設内で見殺しにされるとは思っていませんでした。病院に行けずに死亡したのですから、国に全面的な責任があるのではないでしょうか」としています。

判決のあと、弁護団は記者会見を開きました。
弁護団長を務める児玉晃一弁護士は、
「国の責任を認めたことは、高く評価したい。裁判長は入管に救急搬送の義務があり、それを怠ったことを非常に厳しい口調で指摘していたが、画期的な判断だったと思う」と述べました。
一方で、判決で国の過失と死亡との直接の関係を認めなかったことについては、「どこまで立証すれば死亡との関係が認められるのか、という感じだ。国の施設で亡くなった人について、国が死因がわからないとしてしまえば『おとがめ無し』になってしまうのではないか」と述べて不服だという考えを示しました。
控訴するかどうかは、男性の遺族と話して決めたいとしました。

今回の判決を受けて「牛久入管収容所問題を考える会」の田中喜美子代表は、「入管側の職員の対応に対して責任を認めたことは大きな一歩であると思う」と話していました。
一方、判決で国の過失と死亡との直接の関係を認めなかったことについては、「糖尿病や心臓の病気を持っていたにも関わらず誰もいない医務室で、1人ベットに寝かされていたというのはとんでもない問題で、この時点で病院に搬送されていればこんな結果にならなかったと思う」と話しました。
その上で、田中さんは「入管施設は、人の自由を制限するのであれば、真摯に対応しなければならないと思う」と話していました。

松野官房長官は、午後の記者会見で「判決は承知しており、今後については、法務省で精査した上で、適切に対応するものと承知している」と述べました。
また、収容施設の対応を改善するよう求める声があることについて「死亡事案が発生した茨城県の施設では、常勤医師を確保することとしたほか、救急対応に関わるマニュアルの整備や被収容者の体調などをより正確に把握するための通訳の活用に取り組むなど、処遇改善に努めていると承知している」と述べました。

出入国在留管理庁によりますと、収容施設での医療対応をめぐる訴訟は各地で起こされています。
去年1月には、長崎県の大村入国管理センターに収容されていた38歳のネパール人の男性が太ももにけがをしたのに適切な治療を受けられず、股関節の一部が「壊死」するなど症状が悪化したとして、国を相手取り損害賠償を求める訴えを起こしました。
また、去年6月には、福岡出入国在留管理局の施設に収容されていた67歳の中国人の男性が、脳梗塞と診断されたにもかかわらず、病院での受診がすぐには認められないなど、適切な対応がとられずに多機能不全で死亡したとして男性の娘が国におよそ3000万円の損害賠償を求める訴えを起こしました。
ことし3月には名古屋出入国在留管理局の施設で収容中に亡くなったスリランカ人の女性、ウィシュマ・サンダマリさん(33)の遺族が体調が悪化していたウィシュマさんに対し、入管が必要な医療を提供せずに死亡させたとして、国に1億5000万円余りの損害賠償を求める訴えを起こしています。

名古屋市にある入管施設に収容されていたスリランカ人の女性が亡くなったことを受けて、出入国在留管理庁は常勤の医師を確保するなど医療体制の強化を進めています。
去年3月、名古屋出入国在留管理局の施設に収容されていたスリランカ人のウィシュマ・サンダマリさん(33)が体調不良を訴えて死亡した問題では、出入国在留管理庁が適切な治療を行う体制が不十分だったなどとする最終報告書を公表しました。
このなかでは、当時、週2回、1回2時間勤務の非常勤の医師しか確保できておらず、ウィシュマさんが死亡した当日は不在だったことに触れ、常勤医の配置を含む改善策を示しました。
出入国在留管理庁では体制の強化を進めていて、去年3月時点で施設内で医療を提供することになっている全国に6か所ある収容施設のうち常勤の医師がいるのは、長崎県にある大村入国管理センター1か所でしたが、現在は4か所になっています。
一方、名古屋出入国在留管理局を含む2か所は、常勤の医師を確保できておらず、非常勤の医師で対応しているということです。
出入国在留管理庁は「医師の待遇面を改善したり、兼業を可能とする法整備を進めたりして安定した医療体制を構築していきたい」と話しています。

【カメルーン人男性死亡の経緯】
8年前の2014年3月30日、茨城県牛久市にある入管の収容施設、東日本入国管理センターに収容されていたカメルーン人の男性が搬送先の病院で死亡しました。
【日本到着〜収容】
亡くなったことを受けて法務省が2014年の9月にまとめた報告書によりますと、男性は2013年10月5日に成田空港に到着。
到着してすぐ退去命令が出されますが従わなかったとして翌日に空港内にある入管施設に収容されました。
遺族の弁護団によりますと退去命令が出された理由はわかっていないということです。
およそ1か月後の11月6日、男性は牛久市にある東日本入国管理センターに収容されました。
国に難民認定を申請していましたが認められず、異議を申し立てていました。
【施設で体調不良訴え】
男性は、糖尿病などを患い薬を飲んでいると申告していて収容中も薬が処方されました。
入管側の記録によりますとよくとし2014年の2月中旬以降、胃の痛みや胸の痛み、息苦しさなどの体調不良を訴えます。
3月中旬には、両足が痛み、何かにつかまらないと歩けないと申し出ていました。
次の日の16日には診察を求める申出書を提出していて、このときの勤務員の所見には「顔は穏やかではない。できる限り早い診察をお願いしたい」と記されていました。
しかし11日後に予定されていた診療があるとしてそれまでは行われませんでした。
【容体に変化】。
亡くなる3日前の3月27日。
男性は気分が悪くて立つことができないと訴えます。
同室の人からも男性を受診させるよう求める声があがったといいます。
センターではカメラによる状況監視を行うことができる休養室に移したうえ、もともとこの日に予定されていた医師による診療を行います。
このとき血液検査も行われ、医師からは「結果によっては、外部病院の紹介が必要」という判断が示されました。
【亡くなる直前映像は…】。
休養室に移されてからの様子は入管が弁護側に開示した監視カメラの映像や、裁判に提出された動静日誌に記録されていました。
2日後の3月29日の未明、男性は、胸の痛みと不眠を訴えました。
映像には苦しそうな姿が映されていました。
29日午後6時すぎ男性は監視カメラに向けて職員を呼ぶためのボードを掲げます。
そして、午後7時すぎには苦しみはじめ、「アイムダイイング」、「死にそうだ」などと声を発し、苦しみながらベッドから落ちる様子が映されています。
その後、「床に横になって転げ回る」などと、記録がありますが、30日の午前2時半以降の記録には「床にあおむけになっている」などとだけ記されています。
【職員が発見】
センターの職員は午前7時ごろ、点灯。
男性に心肺蘇生などを行いますが、搬送先の病院でおよそ1時間後に死亡が確認されました。