水戸市長選 現職 高橋靖市長が立候補の意向を表明

任期満了に伴って行われる水戸市の市長選挙に、現職の高橋靖市長が4期目を目指して立候補する意向を表明しました。

これは12日開かれた水戸市議会の代表質問のなかで高橋市長が明らかにしました。
この中で、高橋市長は「取り組むべき課題がある中で、これまで先頭に立って市政を推進してきた私が、その責任を果たさず職を離れることは私の政治家としてのポリシーから外れるとの思いを強くしたところだ。また、多くの市民、関係団体から引き続き市政運営を担っていくべきとの要請をいただいている」と述べ、4期目を目指して立候補する意向を表明しました。
高橋氏は、水戸市出身の57歳。
市議会議員や茨城県議会議員を務めたあと、平成23年の水戸市長選挙で初当選し、現在3期目です。
水戸市長選挙に立候補を表明したのは、高橋市長が初めてです。
水戸市長の任期満了は来年の5月28日で、選挙の日程はまだ決まっていません。