収穫したばかり コシヒカリの玄米など約1.9トン盗難 潮来

8日朝早く、潮来市で農家の倉庫から収穫したばかりのコシヒカリの玄米などおよそ1.9トンが盗まれているのが見つかりました。
警察によりますと、この秋収穫されたコメが盗まれたのはこれが初めてだということで、保管場所には鍵をかけるといった防犯対策の強化を呼びかけています。

8日午前6時前、潮来市で農業を営む68歳の男性から「倉庫から玄米が盗まれている」と警察に通報がありました。
警察が調べたところ、収穫したばかりのコシヒカリの玄米など30キロが入った袋が64袋、およそ1.9トンがなくなっていたということです。
被害額はおよそ38万円相当にのぼるということです。
倉庫のシャッターには鍵がかけられていなかったということで、警察は倉庫に何者かが侵入してコメを盗み出した窃盗事件とみて調べています。
警察によりますと、茨城県内でこの秋収穫されたコメが盗まれたのはこれが初めてだということですが、県内ではメロンや梨などの農作物が盗まれる被害が相次いでいることから、警察は定期的な見回りや人を感知して明かりがつくライトの設置、倉庫の施錠といった防犯対策の強化を呼びかけています。