古河市で37.7度など各地で猛暑日 大気不安定 注意を

茨城県内は、16日、晴れて気温が上がり、古河市で37.7度を観測するなど、各地で35度以上の猛暑日になりました。
一方、県内では16日夜はじめごろにかけてと、17日昼すぎから夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定になる見込みで、落雷や竜巻などの激しい突風、強い雨などに注意してください。

水戸地方気象台によりますと16日茨城県内は晴れて気温が上がり、古河市で37.7度、笠間市と水戸市、それに筑西市西石田でいずれも35.9度、下妻市で35.6度、日立市で35.5度、土浦市で35.1度、常陸大宮市小瀬で35度ちょうどなど、内陸部だけでなく沿岸部も含めて、広い範囲で猛烈な暑さとなりました。
茨城県のまとめによりますと、県内では16日午後4時半現在で、熱中症やその疑いで45歳から87歳までのあわせて7人が医療機関に搬送されました。
このうち症状がやや重い中等症は3人、軽症は4人だということです。
一方、17日にかけては東日本から西日本にかけて停滞する前線に暖かく湿った空気が流れ込む影響で、茨城県内では16日夜はじめごろにかけてと17日昼すぎから夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みです。
水戸地方気象台は、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨、それに「ひょう」に注意するよう呼びかけています。
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、安全な建物内に移動することを心がけてください。