台風8号 茨城県に夜接近し通過へ 川の増水や土砂災害に注意

台風8号は、13日夜、茨城県にかなり接近し、その後通過するおそれがあります。
県内では、台風が通過する前の昼過ぎから雷を伴って激しい雨が降り、夕方からは非常に激しく降って大雨となるおそれがあり、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに十分に注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風8号は茨城県には13日夜はじめごろから夜遅くにかけてかなり接近し、その後、通過するおそれがあります。
茨城県内では台風本体や周辺の暖かく湿った空気の影響で、昼すぎから雷を伴って激しい雨が降るおそれがあります。
その後、夕方からは1時間に50ミリの非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。
14日昼までの24時間に降る雨の量は、県内の多いところで150ミリと予想されています。
台風が予想以上に発達した場合や接近した場合には、警報級の大雨となるおそれもあります。
また、朝から強い風が吹き、夜は非常に強く吹く見込みです。
13日、県内で予想される最大風速は、海上で20メートル、陸上で15メートルで、最大瞬間風速は30メートルとなっています。
海上は昼前から14日明け方にかけてうねりを伴ってしけとなる見込みで、波の高さは南部で5メートル、北部で4メートルと予想されています。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、それに高波に十分注意するほか、落雷や竜巻などの激しい突風、それに強風に注意するよう呼びかけています。
お盆の時期とも重なることから、最新の情報を確認するようにしてください。
雨や風が強い時間帯は予定の変更や見直しをすることも重要な対策です。