台風8号 13日に茨城県にかなり接近か 大雨のおそれも

台風8号 13日に茨城県にかなり接近か 大雨のおそれも

台風8号は13日、茨城県にかなり接近し、県内では13日大雨のおそれがあるほか、しだいに風が強まり海がしける見込みです。
最新の情報を確認するようにしてください。

水戸地方気象台によりますと、12日午前3時に日本の南の海上で熱帯低気圧が台風8号に変わりました。
台風はこのあと速度を上げながら北上し、13日、茨城県にかなり接近するおそれがあります。
県内は、12日は日本海側の前線の影響も受けるため、北部の山沿いを中心に1時間20ミリの強い雨が降るおそれがあります。
13日朝までにの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、北部で40ミリ、南部で20ミリと予想されています。
また、県内では12日、沿岸部を中心にしだいに風が強まり、波が高くなる見込みです。
そして、13日は台風本体や周辺の暖かく湿った空気の影響で、県内では夕方から夜のはじめごろにかけて、雷を伴って1時間30ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
14日朝までの24時間に降る雨の量は、県内の多いところで50ミリから100ミリと予想されています。
風も強まり、13日の最大風速は、県内の陸上で13メートル、海上で18メートル、最大瞬間風速は陸上・海上ともに25メートルと予想されています。
また、13日に海上で予想される波の高さは4メートルで、うねりを伴ってしける見込みです。
水戸地方気象台は、13日にかけて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風に注意するよう呼びかけています。
お盆の時期とも重なることから、最新の情報を確認するようにしてください。