茨城県 広い範囲で猛暑日の予想 熱中症に警戒

茨城県は10日も気温が上がり広い範囲で35度以上の猛暑日になると予想されていて、熱中症に警戒が必要です。

水戸地方気象台によりますと、茨城県は10日も晴れて気温が上がり、午前11時半までの最高気温は、筑西市西石田で35.6度、鉾田市で35.3度、古河市で35.2度と猛烈な暑さとなっているほか、水戸市で34.9度、土浦市で34.7度、笠間市で34.3度、日立市で34.5度、常陸大宮市小瀬とつくば市で33.7度、下妻市で33.5度など厳しい暑さとなっています。
茨城県のまとめによりますと、県内では、10日午前11時半現在で熱中症やその疑いで43歳から84歳までの3人が医療機関に搬送されいずれも軽症だということです。
このあと気温はさらに上がり、日中の最高気温は水戸市、土浦市ともに36度と予想され、県内の広い範囲で猛烈な暑さになる見込みです。
水戸地方気象台と環境省は、茨城県で熱中症の危険性が極めて高くなると予想されるとして、10日も熱中症警戒アラートを発表しています。
日中は外出や外での運動をなるべく避ける、こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、熱中症への警戒を続けてください。