ビジネスに関心のある研究者が起業のノウハウ学ぶ講座 つくば

研究機関が集まり、ベンチャー企業の立ち上げが盛んなつくば市で、ビジネスに関心のある研究者たちなどに起業に必要なノウハウを学んでもらう講座が開かれました。

つくば市が開催したこの講座には、起業を検討している研究者など6人が参加しました。
東京などでベンチャー企業の立ち上げを支援している熊谷孝幸さんが講師を務め、起業する前に具体的にどのような顧客を相手にビジネスを展開していくのかについて仮説をたてて何度も検証していくことが重要になるとアドバイスしていました。
講座に参加した微生物を活用した医療ビジネスを考えているという筑波大学の教授は、「研究している技術がどのような顧客に需要があるのかをしっかり想定する必要があると感じました」と話していました。
講座を主催したつくば市スタートアップ推進室の貝澤紗希さんは、「研究成果が社会で役立つように研究者の起業を支援をしていきたい」と話していました。