大型施設で刃物を持った不審者に対応する訓練 水戸市

多くの人が集まる大型商業施設で、刃物を持った人物が客を切りつける事件に対応した訓練が水戸市で行われました。

訓練は水戸市の商業施設「イオンモール水戸内原」で行われ、従業員や警備員、それに警察官などおよそ40人が参加しました。
訓練は不審者が突然、大声を出して刃物を振り回し、買い物客に切りつけて1人がけがをした想定で行われました。
従業員がすぐさま110番通報をし、客を安全な場所に避難させると、駆けつけた警備員が「さすまた」を使って犯人を威嚇しました。
さらに、従業員が買い物用のカートで不審者を取り囲んで避難の時間を稼ぎ、最後は駆けつけた警察官が警棒でナイフを捨てさせて不審者を取り押さえました。
また、女性従業員が2人1組になって護身術を学ぶ訓練も行われ、手首を捕まれたときの離し方などを警察官が丁寧に教えていました。
全国の大型商業施設では、過去に刃物で客や従業員が切りつけられ、けがをする事件が起きています。
水戸警察署の高橋真悟地域第1課長は「無差別殺傷事件の被害を最小限にするために、実際に訓練を行うことが極めて重要になる。まずはただちに110番通報し避難や救護などできることをしてほしい」と話していました。