「瑞風」停車に向け JR温泉津駅の駅舎清掃 大田

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」がことし秋から新たに大田市のJR温泉津駅に停車するようになるのを前に、4日、地元の人たちが迎え入れる雰囲気を盛り上げようと駅舎の清掃を行いました。

「トワイライトエクスプレス瑞風」は山陰や山陽地方をめぐる中でことし秋からJR温泉津駅に停車し、世界遺産の石見銀山遺跡などを訪れるツアーが組まれることになっています。
これを前に迎え入れる雰囲気を盛り上げようと、4日は、地元の商工会の関係者や子どもたちおよそ40人が温泉津駅に集まり、駅舎の清掃を行いました。
集まった人たちは天井のほこりを払ったり、ぞうきんで窓やベンチを拭いたりしたほか、目立つ場所に石見神楽の面や温泉津焼の作品などを展示していきました。
また、地元の小学生やお年寄りによる「瑞風」の塗り絵なども壁に張られ、歓迎ムードを高めていました。
清掃を呼びかけた「銀の道商工会青年部」の河村隆弘部長は、「『瑞風』が来ることを知ってもらって迎え入れの雰囲気を盛り上げるとともに、こうした大掃除を定期的にやっていきたい」と話していました。