24日の島根県内 寒気の影響で気温上がらず 寒暖差に注意

23日、県内各地で夏日近くまで気温が上がった暖かさから一転して、24日の県内は、冬型の気圧配置や寒気の影響で気温が上がらず、23日に比べて10度ほど気温が低くなるところもあり、寒暖差に注意が必要です。

冬型の気圧配置が強まって上空に寒気が流れこむ影響で、24日の県内は気温が上がらず、日中の予想最高気温は松江市と浜田市、それに隠岐の島町でいずれも12度となっていて、朝から夕方にかけて徐々に下がっていく見込みです。
午前11時現在の各地の気温は松江市で11.7度、大田市と益田市で11度、浜田市で10.7度などとなっていて、23日、最高気温が23.7度まで上がった松江市では10度以上低くなっています。
24日朝の松江市は風も強く、コートを羽織ったうえでマフラーや手袋をして通勤や通学をする人の姿が目立ちました。
気象台によりますと、25日は冬型の気圧配置が次第にゆるむ見通しですが、日中の予想最高気温は松江市や浜田市で11度と24日よりも低くなる見込みで、寒暖差に注意が必要です。