島根県 陽性者登録センターを新設し報告対象でない人を支援へ

新型コロナウイルスについて、今月26日から感染者の全数把握が全国で見直されて、報告の対象が重症化リスクの高い人に限定されることを受け、県は「しまね陽性者登録センター」を新たに設置して報告の対象とならない人の支援にあたることを決めました。

21日に県庁では新型コロナの対策本部会議が開かれました。
この中で、今月26日から全国一律で感染者の全数把握が見直されて、詳しい報告の対象が重症化リスクの高い人に限定されることを受けて、報告の対象とならない人の支援にあたるため、新たに「しまね陽性者登録センター」を設置することを決めました。
県内ではおよそ8割の感染者が報告の対象外になると想定されていて、登録センターでは、体調が悪化した際の連絡先を案内したり、症状や支援物資の希望を聞き取ったりするということです。
また、こうしたセンターが支援する対象として、国は医療機関を受診せずに自分で検査キットを使って陽性が判明した人などを挙げていますが、県は外来診療がひっ迫している状況ではなく、まずは医師の診察や検査で陽性かどうかなどを確認したいとして、当面は全員が医療機関を受診した上で医師の判断で報告の対象外になった人を支援するということです。
報告の対象外になった人は自分でインターネットか電話でセンターに登録した上で自宅で療養し、「MYーHERーSYS(まいはーしす)」と呼ばれるシステムを使って健康観察を行うということです。
会議のあと丸山知事は、国の対応とは異なり、島根では全員が医療機関を受診することについて、「今は感染者へのより丁寧な対応が可能なのでそこからスタートする。センターへの登録がないと感染者との接点が持てないので、できるだけ多くの方に登録してもらいたい」と述べました。