台風14号 高潮がマンホールのふたを 浜田の製塩工場に被害

統計開始以来初めて島根県に上陸した台風14号の影響で、浜田市では、塩を製造する工場の建物が被害を受けているのが確認されました。
市は、高潮で地下に流入した海水の圧力で、マンホールのふたなどが吹き飛ばされたのが原因とみて調べています。

台風14号は、19日午後、島根県に最接近し夕方には出雲市付近に再上陸しました。
島根県への台風の上陸は統計開始以来初めてです。
一夜明け、浜田市瀬戸ヶ島町にある塩を製造する工場では、周辺のマンホールのふたや歩道のアスファルトが建物の壁を突き破っているのを、20日朝、工場の関係者が確認しました。
工場のなかには、塩を作る機械や道具がありましたが、倒れて散乱し、使用できない状態になっていました。
マンホールのふたは、見つかった場所から20メートルほど離れたところにあり、浜田市は、台風による高潮で地下に流入した海水の圧力で、ふたなどが吹き飛ばされたのが原因とみて調べています。
工場を運営する長澤規史さんは、「朝、工場に来たら、壁がぼろぼろで散乱した状態になっていたのでびっくりした。復旧のめどはたっていない」と話していました。
一方、浜田市相生町にある住宅では、塀がおよそ10メートルにわたって倒れている被害も確認されました。
浜田市では、19日午後4時すぎに22.3メートルの最大瞬間風速が観測されていました。