島根県 新型コロナ 過去最多の1621人感染確認

島根県は過去最多となる1621人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

新たに感染が確認されたのは、松江保健所管内で772人、出雲保健所管内で360人、浜田保健所管内で175人、益田保健所管内で114人、県央保健所管内で83人、雲南保健所管内で80人、隠岐保健所管内で37人のあわせて1621人です。
7月20日の1609人を上回り、1日の感染確認としてはこれまでで最も多くなりました。
これで県内の感染確認は5万7298人となり、感染の拡大に歯止めがかかりません。
17日午前0時の時点で、県内の医療機関に入院している人は197人で、重症の人はいません。
病床の使用率はすぐに受け入れが可能な病床で38%、最大で確保できる病床で36.1%となっています。
宿泊療養施設に滞在しているのは38人、自宅で療養しているのは5879人、入院や宿泊療養などの待機となっているのは2298人となっています。
また、鳥取県でも、過去最多となる1088人の感染が確認されました。
内訳は、鳥取市保健所管内で465人、米子保健所管内で413人、倉吉保健所管内で210人です。
これで鳥取県内の感染確認は4万1964人となりました。