群馬の「ぐんまちゃん」誕生30年のイベント 前橋

群馬県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」が22日、誕生から30年を迎え、前橋市で記念のイベントが開かれました。

前橋市内のホールで開かれたイベントには、抽選で選ばれた親子連れなど1000人余りが訪れました。
30年前の2月22日に誕生した「ぐんまちゃん」は、群馬県のマスコットキャラクターとともに「宣伝部長」も務めていて、去年はアメリカで初の海外プロモーションを行うなど、国内外で群馬をPRしています。
22日のイベントで「ぐんまちゃん」は、お祝いに駆けつけた友達の「あおま」や「みーみ」、それに県外から訪れた「チーバくん」などのご当地キャラクターのほか、アニメの声優などとともにダンスやゲームをして会場を盛り上げていました。
そして最後には、会場の人たちも含めてみんなで「ハッピーバースデー」の歌を歌ったあと、客席から一斉に「お誕生日おめでとう」と祝いのことばをかけられていました。
前橋市の4歳の女の子は「一緒に踊ったのが楽しかった。ぐんまちゃん誕生日おめでとう!」と話していました。
30回目の誕生日を迎えた「ぐんまちゃん」ですが、県によりますと、その年齢は「人間だと7歳くらい」だということです。
ぐんまちゃんのYouTubeチャンネルで、「歌のおねえさん」として活動している俳優の中野美優さんは、イベントのあと「ぐんまちゃんがたくさんの人に愛されていることを感じました。もっと多くの人にぐんまちゃんの魅力を知ってもらえるように発信していきたいです」と話していました。