草津温泉と東京・吉祥寺を結ぶ高速バス 運行開始 1日2往復

群馬県の草津温泉と都内のJR吉祥寺駅を結ぶ新たな高速バスの運行が20日から始まり、地元の温泉地では、観光客の増加に期待を寄せています。

20日から運行が始まったのは、群馬県にある草津温泉のバスターミナルと東京都武蔵野市にあるJR吉祥寺駅を結ぶ高速バスです。
この路線は2つのバス会社が共同で運行するもので、1日2往復で、群馬県内にある渋川駅と中之条駅を経由し、3時間40分から4時間ほどで結びます。
20日朝、吉祥寺駅を出発したバスの第1便が、午前11時半すぎに草津温泉のバスターミナルに到着すると、早速5人ほどの乗客が降りていました。
吉祥寺駅から乗車した30代の男性は「新しい路線ということで、仕事の休みをとって乗車しました。東京から乗車できる場所が増えることはいいことだと思う」と話していました。
新たな高速バスの運行について、草津温泉観光協会の福田俊介事務局長は「東京から訪れる若い世代の観光客は、高速バスを利用する人が多い。新たなエリアからのバスの運行で、より幅広い人に来てもらうことを期待したい」と話していました。