伊香保温泉 人気アニメとコラボ 誘客図るキャンペーン

伊香保温泉が舞台イメージとなっている人気アニメを地元への観光客の誘致につなげようと、渋川市は、アニメのキャラクターなどを活用した誘客キャンペーンを始めています。

アニメ「美男高校地球防衛部」シリーズは、美男子の高校生たちが、怪人と戦うストーリーで女性を中心に人気を集めていて、伊香保温泉が舞台イメージになっています。
こうしたなか、渋川市は作品の舞台イメージとなった地元をファンがめぐる、いわゆる「聖地巡礼」の場所として観光客の誘致につなげようと、アニメと連携したキャンペーンを今月13日から始めています。
このうち、伊香保温泉の石段街には、アニメのキャラクターが描かれた「のぼり」が設置され、一緒に撮影ができるようになっています。
また、石段街の途中にある温泉施設では、キャラクターのパネルや、アニメに登場する銭湯の「のれん」などが新たに設置されています。
さらに、「伊香保ロープウェイ」では、2台のゴンドラにアニメのキャラクターが描かれているほか、ゴンドラの中ではキャラクターの声優の声で観光案内が流れるようになっています。
渋川市観光課の四十山采花主事は「ファンの人を含め、まだアニメを知らない人にも楽しんでもらいたい」と話していました。