バスケ男子B1 群馬クレインサンダーズ が開幕2連勝

バスケットボール男子、Bリーグ・B1の群馬クレインサンダーズは2日、ホームで滋賀レイクスに92対71で勝って開幕から2連勝です。

クレインサンダーズは1日、B1・2年目となる今シーズンの開幕戦でレイクスに88対80で勝ちました。
2日のレイクスとの対戦では、試合開始15秒でエースのトレイ・ジョーンズ選手がB1通算1000得点となるシュートを決めて流れをつかみ、第1クオーターで24対11と大きくリードしました。
ただ、第2クオーターではレイクスに5点差まで追い上げられて前半を終えました。
その後は一進一退の攻防が続きましたが、クレインサンダーズが6点リードで迎えた最終の第4クオーターでは開始早々から菅原暉選手とアキ・チェンバース選手がいずれも得意のスリーポイントシュートを連続して決めました。
その後も持ち味である攻守の切り替えが速い「トランジションバスケット」で得点を重ねて92対71で勝ち、開幕から2連勝です。
クレインサンダーズの次の試合は今月8日と9日、アウェーで信州ブレイブウォリアーズと対戦します。