群馬県「健康フォローアップセンタ−」運用開始

新型コロナの感染者の全数把握が26日から全国一律に簡略化され、詳しい報告の対象が重症化リスクの高い人に限定されます。
群馬県では報告の対象外となる軽症者などリスクの低い人に対応するため「健康フォローアップセンタ−」を立ち上げ、自宅療養者の健康観察などを行っています。

新型コロナ対応にあたる医療機関などの負担を減らすため、感染者の報告を簡略化した運用が26日から全国一律で始まり、詳しい報告の対象は65歳以上や妊婦など重症化リスクの高い人に限定されます。
今回の見直しについて、前橋赤十字病院の中野実院長は「届け出の量が少なくて済むこともあり、医療界全体では労力は下がるのではないかと期待している。ただ、入院患者の受け入れが中心の病院にとってはあまり労力は変わらないのではないか」と述べました。
そのうえで「全体の患者数を減らすことがいちばん医療界の負担を減らすことにつながるので、引き続き感染防御を緩めずにやってほしい」と呼びかけました。
一方、県は症状が軽い自宅療養の人に対応するため、26日から「健康フォローアップセンター」の運用を始めました。
今後、陽性が確認された場合、医療機関の報告の対象外となる人はセンターにみずから登録する必要があります。
センターでは、看護師30人余りが常駐し、自宅療養者への健康観察や症状が悪化した際の入院調整などにあたることにしています。
また、外出が難しい人に食料を届ける支援なども行うことにしています。
県では、今回の見直しによっておよそ8割の患者が詳しい報告の対象外となると見込んでいて、医療現場や保健所の負担軽減につながることが期待されています。
県感染症・がん疾病対策課の池田昌弘さんは「療養中、急に体調が悪化した時に速やかに医療機関につなげるためにも、より多くの方にフォローアップセンターへの登録をお願いしたい」と話していました。