台風8号 群馬県 13日午後最接近 14日にかけ大雨おそれ

日本の南にある台風8号は、群馬県には13日の午後に最も接近する見込みで、県内では、14日にかけて大雨となるおそれがあります。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に十分注意するよう呼びかけています。

前橋地方気象台によりますと、12日未明に発生した台風8号は、日本の南の海上をゆっくりと北北東に進んでいて、このあとやや速度を上げ、群馬県には13日の午後に最も接近する見込みです。
この影響で、県内では大気の状態が非常に不安定になり、14日にかけて局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあります。
13日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、南部と北部でいずれも100ミリと予想されています。
また、14日午後6時までの24時間には、南部と北部でいずれも50ミリから100ミリと予想されています。
台風の進路によっては、あすからあさってにかけて警報級の大雨となる可能性もあるとして、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に十分注意するよう呼びかけています。
お盆の時期とも重なることから、最新の情報を確認するようにしてください。