台風8号 13日に上陸のおそれ 14日にかけ大雨の可能性

関東甲信には台風8号が13日にはかなり近づき、上陸するおそれもあります。
14日にかけて大雨となる可能性があり、お盆の時期とも重なることから、最新の情報を確認するようにしてください。

気象庁によりますと、台風8号はこのあとやや速度を上げながら北上し、13日土曜日には関東甲信にかなり接近し、上陸するおそれがあります。
台風の影響で、関東甲信は13日は雷を伴って激しい雨が降り、14日の日曜日にかけて警報級の大雨となる可能性があります。
13日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、甲信や伊豆諸島で100ミリ、関東南部で80ミリ、関東北部で60ミリと予想され、さらに14日昼までの24時間には関東甲信と伊豆諸島でいずれも100ミリから150ミリの雨が降る見込みです。
また、次第に風も強まり、海上はうねりを伴ってしける見込みです。
気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、急な川の増水、強風、それに高波に十分注意するよう呼びかけています。
お盆の時期とも重なることから、最新の情報を確認するようにしてください。
海や川など屋外のレジャーは特に注意が必要です。
一方、関東甲信はこの数日に比べるとやや暑さは和らぐものの12日も各地で気温が上がり、午前11時半までの最高気温は、埼玉県熊谷市で34.6度と猛暑日に迫っているほか、茨城県古河市で33.7度、群馬県館林市で33.2度、東京・青梅市で32.4度などと厳しい暑さとなっています。
気温はこのあとも上がる見込みで日中の最高気温は埼玉県熊谷市と宇都宮市、水戸市で34度、東京の都心と長野市、千葉市、前橋市で33度、甲府市と横浜市で32度と予想され、埼玉県には「熱中症警戒アラート」が発表されています。
こまめに水分を補給し、我慢せず適切に冷房を使うなど、引き続き熱中症に十分な注意が必要です。