群馬県伊勢崎市で40.2度 26日も熱中症警戒

25日も全国的に気温が上がり、群馬県伊勢崎市では国内の6月の気温としては最も高い40.2度を観測しました。
26日も関東を中心に高気圧に覆われて気温が上がる見込みで、熱中症への警戒が必要です。

気象庁によりますと、25日も関東や山梨県では晴れて気温がぐんぐん上昇し、群馬県伊勢崎市では午後2時56分に40.2度を観測しました。
気象庁によりますと、国内の6月の気温はこれまでは2011年に埼玉県熊谷市で39.8度を観測したのが最も高く、25日の伊勢崎市の気温はこれを更新し、40度を超えるのは観測史上、初めてです。
このほかの各地の最高気温も、群馬県桐生市で39.8度、栃木県佐野市で39.7度、埼玉県鳩山町で39.2度、東京・八王子市と山梨県甲州市勝沼で38.1度、東京の都心で35.4度と、猛暑日を観測しました。
東京の都心で猛暑日となったのはこれまで最も早かった1963年より1日早く、統計を取り始めた明治8年・1875年以降、最も早いということです。
26日も関東を中心に高気圧に覆われて気温が上がる見込みで、日中の最高気温は埼玉県熊谷市と前橋市で37度、さいたま市と甲府市で36度、宇都宮市や水戸市で35度、東京の都心で34度、横浜市で33度などと予想されています。
来週にかけてもところによって35度以上の猛暑日が予想されるなど、厳しい暑さがしばらくの間、続く見込みで、こまめに水分を補給したり我慢せず冷房を適切に使用したりするほか屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなどして熱中症に警戒してください。
一方、関東甲信では日中の気温の上昇と暖かく湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定となっていて、気象庁は25日夜遅くにかけて局地的な激しい雨や、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに注意するよう呼びかけています。