京アニ事件裁判 被告“そこまでしなきゃいけないのかと”

「京都アニメーション」の放火殺人事件の裁判で、19日の被告人質問で青葉真司被告は、事件について振り返り、「30人以上亡くなられるという事件を鑑みると、いくらなんでもそこまでしなきゃいけないのかという思いは少しあり、それが自分の今の正直な気持ちだ」などと述べました。

青葉真司被告(45)は、4年前の2019年7月、京都市伏見区の「京都アニメーション」の第1スタジオでガソリンをまいて火をつけ、社員36人を死亡させ、32人に重軽傷を負わせたとして殺人や放火などの罪に問われています。
これまでの裁判で、検察は「京アニに小説のアイデアを盗まれたと一方的に思い込んだ筋違いの恨みによる復しゅうだった」と主張しているのに対し、被告は、ナンバー2などと呼ばれる人物が京都アニメーションに応募した小説を落選させたなどと主張していて、弁護士は責任能力はなかったとして無罪を主張しています。
19日の被告人質問で青葉被告は、京都アニメーションに応募した小説について、人生で知り合った人をモデルにするなどして7年かけて書き上げたとしたうえで、落選したときの心境を尋ねられると、「裏で手を動かしている人がいるというのはなんとなくわかっていたので、そこまでやられたらどうしようもないとショックは大きかった」と述べました。
その後、落選した作品をネット上の小説投稿サイトで公開したものの誰にも読まれず、小説と関わりたくないという気持ちで小説のネタ帳を燃やしたとし、「燃やそうと思った時に何かしらのつっかえ棒みたいなもの、まじめに生きていくためのつながりみたいなものがなくなってしまい、そこでよからぬ事件を起こす方向に向かったというのはあるんじゃないかと思う」などと話しました。
そのうえで、初公判で起訴された内容について認めた際に「やりすぎた」と述べたことについてその意味を問われると、「ガソリンをまいてほんとに火をつけたのはいきすぎたと思っている。やはり30人以上亡くなられるという事件を鑑みると、いくらなんでも小説1つでそこまでしなきゃいけないのかという思いは少しあり、それが自分の今の正直な気持ちだ」と話しました。