観光客の過度な集中防止 京都市が新たな対策をまとめる

秋の本格的な観光シーズンを前に、いわゆる「オーバーツーリズム」が懸念されるなか、京都市は外国人観光客などに観光マナーを守るよう呼びかける啓発活動や、臨時バスの増便などの対策をまとめました。

市内では毎秋、多くの観光客が紅葉を楽しみに訪れますが、ことしは新型コロナの行動制限がなくなり、インバウンド需要も回復したことから、観光客が集中し、さまざまな弊害が起きる「オーバーツーリズム」が懸念されています。
このため、京都市は11日、新たな対策を発表しました。
具体的には▼地下鉄京都駅や烏丸御池駅に電子看板を設置し、英語と中国語などで、観光で守ってほしいルールやマナーを呼びかけます。
また、来月(10月)には、通訳ガイドが、外国人観光客を対象に京都の観光地を回りながら、歴史や文化とともにモラルやマナーを伝えるツアーを行うことにしています。
さらに、混雑対策として▼観光客が少ない朝・夜の時間帯に行われているイベントや、混雑予測などを紹介するパンフレットを配布するほか▼駅と観光地を結ぶ臨時バスを増便するなどとしています。
京都市は「市民生活と調和した持続可能な観光になるよう、引き続き取り組みを進めていきたい」としています。