感染者の全数把握見直し 府と市は相談窓口の利用を呼びかけ

新型コロナ感染者の全数把握を簡略化し、詳しい報告の対象を重症化リスクが高い人に限定する運用が、26日から全国一律で始まりました。
京都府と京都市は報告の対象から外れた人向けの相談窓口の利用を呼びかけています。

新型コロナの対応にあたる医療機関などの負担を減らすため、26日から、全国一律で感染者の全数把握が簡略化され、詳しい報告の対象は65歳以上の高齢者や、入院が必要な人、妊娠中の女性など、重症化のリスクが高い人に限定されます。
これを受けて、京都府と京都市は詳しい報告の対象から外れる人のために、26日から「フォローアップセンター」を設置して対応しています。
センターでは、保健所に代わって健康相談を一元的に受け付けます。
また、希望する人には医療機関を紹介したり、宿泊療養施設への入所の申し込みを受け付けたりするほか、必要に応じて食料品やパルスオキシメーターなどの支援物資の手配も行います。
土日や祝日も含め24時間受け付けるということです。
京都府健康対策課の東原勲 課長は「詳しい報告の対象にならない人もこれまで通りしっかり支援するので、不安を感じることがあれば遠慮せずセンターに連絡してほしい」と話していました。
連絡先の電話番号は、京都府が075ー708ー2439、京都市が050ー3614ー9575です。
一方、府によりますと、全数把握の簡略化にともなって、データが反映される27日から、新規感染者の市町村ごとの数や自宅療養者の数などは発表できなくなるということです。