台風14号 京都府には19日夜遅く最接近 暴風などに警戒を

大型の台風14号は、京都府には暴風域を伴ったまま、19日夜遅くにかけて、最も近づく見込みです。
雨や風が強まるおそれがあり、気象台は、暴風や高波、それに土砂災害、川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

京都地方気象台によりますと、大型の台風14号は、午後6時には島根県の松江市付近を、1時間に35キロの速さで北東へ進んでいるとみられます。
京都府には、19日夜遅くにかけて、最も近づく見込みです。
京都府は、北部のほとんどが風速25メートル以上の暴風域に入っているほか、府内全域が風速15メートル以上の強風域に入り、各地で風が強まっています。
最大瞬間風速は、▽福知山市で午後5時ごろに19.3メートル、▽宮津市で午後2時半すぎに16.5メートル、▽京丹後市丹後で午後5時30分すぎに15.7メートルを観測しました。
台風の接近に伴い、風はさらに強まり、北部の海上では非常に強い風が吹く見込みです。
20日にかけて予想される最大風速は、▽北部の海上で25メートル、▽北部の陸上と南部で20メートルとなっています。
また、最大瞬間風速は、府内全域で35メートルと予想されています。
また、▽北部の海上は、20日未明から夕方にかけて、大しけになる見込みで、予想される波の高さは、19日は5メートル、20日はうねりを伴って7メートルとなっています。
さらに台風の接近に伴って、府内には暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態は非常に不安定となっていて、20日にかけて、局地的に雷を伴って1時間に50ミリに非常に激しい雨が降るおそれがあります。
20日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、▽北部、▽南部ともに150ミリと予想されています。
近畿地方では、19日夜にかけては、発達した雨雲が次々と連なる「線状降水帯」が発生し、大雨の危険度が急激に高まる可能性があります。
気象台は、暴風やうねりを伴った高波、低い土地の浸水や土砂災害、それに川の増水や氾濫に警戒するとともに竜巻などの激しい突風や落雷にも注意するよう呼びかけています。
また、北部の海岸や川の河口付近では、20日昼前にかけて、高潮にも十分注意するよう呼びかけています。