京都府昨年度決算 新型コロナ対策で歳入・歳出ともに過去最大

京都府の昨年度の決算は、相次ぐ新型コロナ対策で歳入・歳出ともに1兆3000億円台に膨らみ、これまでで最も大きくなりました。
府債残高も400億円余り増え、2兆3800億円台と厳しい財政状況が続いています。

京都府が発表した昨年度の一般会計の決算は、▼歳入は1兆3566億円、▼歳出は1兆3428億円と、いずれも前の年度より増えて過去最も大きくなりました。
これは、新型コロナの緊急対策を国の交付金を通じて相次いで行ってきたことが主な要因です。
歳出では、新型コロナ対策が、時短要請に応じた飲食店への協力金や病床確保などへの費用として、前の年度より1252億円増えて4222億円となりました。
新型コロナ対策を除いた歳出は9206億円で、文化庁の移転に向けた施設整備や社会保障関係の経費などが増え、前の年度から151億円増加しました。
府税収入は、製造業をはじめ、新型コロナの影響を受けた企業の収益が回復したことなどから2914億円と、前の年度より279億円増えて2年ぶりの増加となりました。
一方、府債の残高は、前の年度から417億円増えて2兆3864億円となり、厳しい財政状況は変わっていません。
府は「府債残高の増加は河川や道路などへの投資を進めてきたことが要因だが、投資が将来世代に過度な負担とならないようにしながら税収の動向にも留意して、適切な管理を行っていきたい」としています。