暴れた男性を約30分床に押さえつけた疑い 警官2人書類送検

京都府警亀岡警察署の警察官2人が、コンビニで客どうしのトラブルに対応した際、当事者の80代の客の男性を床に30分近く押さえつけたとして、京都府警は2人を特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検しました。

書類送検されたのは、京都府警亀岡警察署に所属する50代の男性警部補と40代の男性巡査部長です。
警察によりますと、2人は、去年5月、亀岡市内のコンビニで客どうしのトラブルに対応した際、大声を出して暴れた80代の客の男性の両手を持ち、床に30分近く押さえつけた疑いがもたれています。
トラブル相手の客の女性がけがをしていたため、男性を容疑者として逮捕するか任意で捜査するかの判断に時間がかかったということで、男性にけがはありませんでした。
2人は事実関係を認めていて、警察は4日、特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検するとともに、減給の懲戒処分としました。
また、現場で2人を制止できなかったとして、20代の女性巡査を本部長注意とし、適切な指揮を怠ったとして、上司の50代の男性警部補を所属長注意としました。
京都府警察本部の岡本茂 首席監察官は、「被害関係者と府民の皆様に、おわび申し上げます。職員に対する指導教養と業務管理を徹底し、再発防止に努めます」とコメントしています。
一方、男性はことし1月に病気のため亡くなりましたが、客の女性にけがをさせたとして、容疑者死亡のまま、4日、傷害の疑いで書類送検されています。