京都の祇園祭は後祭の「山鉾巡行」 200年ぶりに「鷹山」も

京都の夏を彩る祇園祭は24日、後祭の「山鉾巡行」が行われ、およそ200年ぶりに復帰した「鷹山」など豪華に飾りつけられた山や鉾が都大路を進みました。

後祭の「山鉾巡行」は午前9時半から始まり、京都市中心部の烏丸御池の交差点から11の山や鉾が威勢のいいかけ声とともに次々と出発しました。
新型コロナの影響で、「山鉾巡行」は2年連続で中止されていましたが、ことし3年ぶりの実施となり、豪華な懸装品で飾られた山や鉾は、祇園囃子が響く中、都大路を進んでいきました。
交差点にさしかかると、大きな車輪の下に竹を敷いて、水をまきながら直角に方向転換する「辻回し」が披露され、かけ声とともに回転すると、沿道の人たちから歓声や拍手が送られていました。
また、ことしは江戸時代に風水害の影響で損傷して以来、「山鉾巡行」に参加していなかった「鷹山」が196年ぶりに復帰し、観客が見守る中、ゆっくりと進んでいきました。
警察によりますと、24日、沿道にはおよそ3万5000人が訪れたということです。
祇園祭は平安時代に疫病退散を祈願して始まったと伝えられている祭で、母親と訪れた小学生の女の子は「鷹山は200年ぶりに巡行すると聞いて、すごいなと思って見に来ました。みんなが新型コロナにかからないように疫病退散のご利益があったらいいなと思います」と話していました。