ウクライナの子どもたちに 日本語の教材翻訳 動画で提供

ロシアによる軍事侵攻で学習の機会が失われたウクライナの子どもたちが、どこでも勉強を続けられるよう、オンラインで学べる教材を無料で提供する取り組みを、京都の教育大学などが始めました。

取り組みを始めたのは、日本に住む外国人の子どもたちに、学習コンテンツを制作している京都教育大学などの研究者がつくる団体です。
軍事侵攻により、学習の機会が失われたウクライナの子どもたちを支援しようと、分数や図形など算数や数学の要点を解説した3分ほどの動画をウクライナ語に翻訳し、4月からインターネットで無料で公開を始めました。
教材の翻訳は、連携するベンチャー企業の紹介を受けて、ウクライナ人留学生や避難民7人に依頼しています。
すでに、小学生向けを中心に76本の動画が公開され、特設のホームページを通じ動画投稿サイトで視聴することができるということです。
翻訳に携わっているウクライナから避難してきたイリーナ・デルガチョワさんは、「攻撃から逃れた子どもたちは、大きなストレスで心理的にも大変だと思う。この教材で、楽しく、笑顔で数学を勉強してほしいです」と話していました。
取り組みを進めている京都教育大学の黒田恭史教授は、「インターネットがつながれば、世界中いつでもどこでも学習を続けることができる。国の未来を作る子どもたちが、ウクライナを再建する力を持つためにも、学力を育てるサポートが必要だと思う」と話していました。