浴室の女性盗撮しネット投稿疑い

自宅の浴室にいた京丹後市の女性の画像をインターネット上に投稿したなどとして、20歳の専門学校生の男が逮捕されました。
画像は男が盗撮したとみられ、警察が調べを進めています。

逮捕されたのは、大阪市東淀川区西淡路に住む専門学校生の藤原椰尋容疑者(20)です。
警察によりますと、藤原容疑者は去年12月下旬から先月上旬にかけて、京丹後市に住む10代の女性の自宅に侵入し、その後、浴室にいた女性の画像をインターネットに投稿したなどとして、いわゆるリベンジポルノ防止法違反などの疑いが持たれています。
藤原容疑者は京都市の20代の女性の画像をネット上に投稿した疑いも持たれていて、画像はいずれも藤原容疑者が盗撮したとみられています。
先月、女性からネット上に自分の画像が投稿されているという相談があり、警察が捜査を進めていました。
警察の調べに対し藤原容疑者は「盗撮するために住居に侵入するなどして撮影した。画像をインターネットに投稿したことは間違いない」と供述しているということです。
警察はネット上に投稿した経緯や、ほかにも被害にあった女性がいないか詳しく調べることにしています。