道の駅阿蘇 デジタル技術活用して混雑緩和を 大学などと協定

人気の観光地の阿蘇の中でも特に多くの客が訪れる「道の駅阿蘇」は、デジタル技術を活用して駐車場の混雑緩和を図る取り組みを進めようと、大学などと協定を結びました。

協定を結んだのは、阿蘇市にある人気の観光施設「道の駅阿蘇」と阿蘇市、それに熊本市の崇城大学の研究グループです。

国内外から旅行者が集中する阿蘇では、人気の観光施設の周辺で交通渋滞も起きていて、「道の駅阿蘇」でも駐車場の混雑が大きな課題となっています。

協定では、AIを活用して車を認識するカメラを駐車場に設置し、混雑状況をスマートフォンなどで事前に確認できるようにする取り組みを進めます。

旅行者が集中することで地域住民の生活や自然環境に影響が出る「オーバーツーリズム」の課題解決にデジタル技術を活用して挑もうという取り組みで、今後、複数のIT企業なども参加して実施されるということです。

「道の駅阿蘇」の下城卓也駅長は、「AIカメラで駐車場が満車なのか空いているのか分析することができる。お客様をスムーズに誘導できるのではないか」と話していました。