TSMC幹部 岸田首相との懇談で「第2工場も菊陽町に建設」

菊陽町に建設されたTSMCの第1工場を岸田総理大臣が視察しました。
懇談したTSMCの幹部は、第1工場と同じ菊陽町に第2工場を建設する予定であることを明らかにしました。

半導体の受託生産で世界最大手、台湾のTSMCが菊陽町に建設した第1工場は、ことし2月に開所式が行われ、政府は今後建設される予定の第2工場も含め、最大1兆2080億円を補助することにしています。

6日午後、工場を訪れた岸田総理大臣は、TSMCの魏哲家CEOや地元の関連企業の幹部と懇談し「プロジェクトが地元経済の成長につながり、全国を元気にしていくことを期待している。政府としても、そうした思いで取り組みを支えていく」と述べました。

また、魏哲家CEOは第1工場と同じ菊陽町に第2工場を建設する予定であることを明らかにしました。

TSMCの工場の運営会社によりますと、TSMC側が第2工場の建設場所を明らかにするのはこれが初めてだということです。

魏CEOは「日本政府の力強い支援に感謝する。専門職の採用により、雇用を提供するとともに地元の人材育成にも貢献し、熊本に好影響をもたらしたい。地元企業との強固な関係の構築に努力していく」と述べました。

第2工場の建設予定が明らかにされたことについて、菊陽町の吉本孝寿町長は「大変すばらしいことと考えており、心から歓迎の意を表します。第1工場と同様に熊本県と連携してスケジュールどおり確実に進むよう全力で取り組んでまいります」とするコメントを出しました。