台風14号 19日明け方にかけ熊本県にかなり接近(18時)

大型で非常に強い台風14号は、熊本県を暴風域に巻き込みながら北上し、18日夜遅くから19日明け方にかけて熊本県にかなり接近する見込みで、気象台は暴風や高潮、土砂災害などに厳重に警戒するよう呼びかけています。
また、19日日中にかけて「線状降水帯」が発生し、大雨による災害の危険度が急激に高まる可能性があります。

気象庁によりますと、大型で非常に強い台風14号はさきほど午後5時半ごろに鹿児島県指宿市付近を通過し、18日午後6時には鹿児島市付近にあって1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

熊本県はほぼ全域が風速25メートル以上の暴風域に入っていて、熊本空港で午後4時半すぎに28.8メートル高森町で午後2時半前に27.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は非常に強い勢力を維持したまま北北西に進み、18日夜遅くから19日明け方にかけて、熊本県にかなり接近する見通しです。

19日にかけて予想される最大瞬間風速は、外海で65メートル、内海で60メートル陸上で50メートルで一部の電柱が倒壊したり建物の一部が飛散したりするおそれもある猛烈な風が吹く見込みです。

海上は、19日昼過ぎにかけてうねりを伴って大しけとなる見込みで、19日にかけて予想される波の高さは、外海で8メートル、内海で4メートルとなっています。

また大気の状態が非常に不安定となって19日昼すぎにかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

18日午前3時から午後6時までに降った雨の量は湯前町の横谷で250.5ミリ、多良木町で169.5ミリとなっています。

熊本県を含む九州北部では、19日日中にかけて、「線状降水帯」が発生し、大雨による災害が起きる危険度が急激に高まる可能性があります。

19日にかけて予想される1時間に降る雨の量は、県内全域でいずれも多いところで70ミリ、19日夕方までの24時間では400ミリとなっていて、線状降水帯が発生した場合は局地的にさらに雨量が増える恐れがあります。

また、台風接近時には、潮位が高くなり、海岸や河口付近の低い土地では浸水や冠水のおそれがあります。

気象台は暴風や高潮、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、うねりを伴った高波に警戒するよう呼びかけています。