国見岳に登山の男性1人連絡取れず 警察・消防が捜索

熊本市の30代の男性が熊本県と宮崎県にまたがる国見岳に登山したまま10日から連絡が取れなくなっていて、警察や消防が11日朝から捜索しています。

行方が分からなくなっているのは、熊本市南区の38歳の会社員の男性です。

警察によりますと、男性は10日午前9時ごろから、熊本県と宮崎県にまたがる国見岳に友人2人と一緒に登山に訪れ、正午ごろに登頂したあと、友人より先にふもとへ向かいましたが、夕方になっても下山しなかったということです。

このため友人が通報したということで、警察や消防は11日朝からおよそ20人の態勢で登山道を中心に捜索を行っていますが、11日午前10時現在、発見できていないということです。

国見岳は熊本県と宮崎県にまたがる標高1700メートル余りの山です。

男性は身長が1メートル75センチくらい、黒色のパーカーにオレンジ色のリュックを持っているということです。

警察や消防は男性が遭難した可能性があるとみて、引き続き捜索しています。