中国産たけのこを産地偽装して販売 会社役員ら2人逮捕

中国産のたけのこを使った水煮を「熊本県産」などと偽って販売したとして、美里町の食品加工会社の役員ら2人が、不正競争防止法違反の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、美里町の食品加工会社「砥用食品」の役員※サカキ勇一容疑者(51)と元役員の松野治美容疑者(53)の2人です。

警察の調べによりますと、2人は去年8月から12月にかけて中国産のたけのこを使った水煮を「熊本県産」や「九州産」などと偽って、九州内にある複数の食品卸会社などに販売したとして、不正競争防止法違反の疑いがもたれています。

去年6月中旬に外部から情報提供があり、警察が会社の関係先を捜索するなどして捜査を進めた結果、産地を偽装していた疑いがあることがわかり、1日逮捕しました。

調べに対して2人は、「間違いない」などと容疑を認めているということです。

これまでの調べによりますと、偽装された水煮は九州以外の卸会社にも販売されていた疑いがあるということで、警察は詳しいいきさつを調べることにしています。

※サカキは木偏に「神」です。