26日明け方にかけ激しい雨のおそれ 土砂災害など警戒・注意

梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れこんでいる影響で、県内では25日昼過ぎにかけて非常に激しい雨が降りました。
気象台は、26日明け方にかけても激しい雨の降るおそれがあるとして、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒や注意をするよう呼びかけています。

対馬海峡にある梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れこみ、県内では25日昼過ぎにかけて各地で雨が強まりました。

ところによっては非常に激しい雨が降り、県が小国町に設置した雨量計で午前11時までの1時間に60ミリ、熊本空港で午後1時50分までの1時間に55.5ミリの雨を観測しました。

また、24日の降り始めから25日夕方までの雨量は、南小国町で150ミリを超えています。

熊本市内では、健軍川と藻器堀川で一時、氾濫危険水位を超えました。

県内の雨は小康状態になっていますが、気象台によりますと、26日明け方にかけても局地的に雷を伴った激しい雨が降るおそれがあるということです。

県内で26日にかけて予想される1時間雨量は、多いところで30ミリ、26日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで100ミリとなっています。

気象台は、土砂災害や低い土地の浸水などに引き続き警戒や注意をするよう呼びかけています。