肥薩線の復旧めぐる協議 JR九州の負担額約25億円の試算

おととし7月の記録的豪雨で大きな被害を受けたJR肥薩線の復旧をめぐる協議が行われ、概算で235億円に上る復旧費用について、工事の一部を国の災害復旧事業と一体化させることなどで、JR九州の負担額をおよそ25億円まで圧縮できるとする試算が示されました。

JR肥薩線は、おととし7月の記録的豪雨で橋りょうが流失するなど大きな被害を受け、八代駅と鹿児島の吉松駅との区間が不通となっていて復旧費用は概算で235億円に上る見通しです。

JR九州にとって多額の費用負担が課題となる中、国は災害復旧事業として一部を負担する案を示していて、20日、県庁で担当者による協議が行われました。

会議は非公開でしたが、橋りょうの掛け替えや線路が通る場所のかさ上げなどを国が行う事業と一体化することで、JR九州の負担額を159億円軽減できるとの試算が示されたということです。

さらに、被災した鉄道の復旧を支援する国の制度を適用すると、JR九州の負担額は最大でおよそ25億円まで圧縮できるということです。

国や県は今後、試算結果を踏まえ、具体的な事業の進め方や復旧後の利用促進策を検討することにしています。