甲府市が「ヤングケアラー」支援で手引き書作成

家族の介護などに追われる子ども、いわゆる「ヤングケアラー」を支援しようと、甲府市は適切な支援につなげられるよう相談先などをまとめた手引き書を作成しました。

甲府市が新たに作成したのは、大人に代わって家族の介護や世話に追われ、学業の遅れなどの悩みを抱える子ども、「ヤングケアラー」を支援するため、必要な相談先などをまとめた手引き書です。
市では、ことし4月にヤングケアラー向けの相談センターを設置するなど支援に力を入れていて、このほどまとめた手引き書では、子どもから相談を受けたり、ヤングケアラーの存在を把握した地域の住民や学校、そうした子どもを支えるNPOなどの団体が適切な支援を行うためのものとなっています。
手引き書には、子どもたちの気持ちに寄り添い話を聞くことでヤングケアラーであるかを確認する方法や、ヤングケアラーと決めつけたり周囲に知られたりするような会話は避けること、支援が必要と判断したときにどこで、どのような相談を受けられるのかといったことが具体的にまとめられています。
甲府市子育て支援課は、「正しくヤングケアラーを理解し必要に応じた支援先や各関係機関の役割などをまとめています。ぜひ役立ててほしい」としています。