水素燃料電動アシスト自転車 全国初貸し出し事業県内2か所で

水素の幅広い活用を進めようと、県内の企業などは全国で初めて水素を燃料として使う電動アシスト自転車を貸し出す事業を、県内の2か所で始めることになりました。
自転車を貸し出す施設には、水素を使って発電する設備が設けられるということで、災害時に電気を供給する防災拠点としても活用することにしています。

事業を行うのは、水素を燃料として使う電動アシスト自転車を開発した韮崎市と横浜市の2つの企業です。
事業に協力する山梨大学によりますと、2つの企業は自転車を貸し出す施設を、甲府市中心部のホテルと富士川町の道の駅の合わせて2か所に整備して、来年度中にも事業を始める予定だということです。
この施設には、水素を使って発電する燃料電池が設置され、災害などで停電が起きた際、スマートフォンの充電ができるなど、電気を供給する防災拠点としても活用するということです。
また、自転車や施設では甲府市内で県などが製造した水素が使われるということです。
こうした事業は全国で初めてだということで、事業を行う韮崎市の企業は「この事業を通じて多くの人に水素や燃料電池を身近に感じてもらい、SDGsや脱炭素社会に向けた取り組みを進めていきたい」としています。
また、横浜市の企業は「この事業を通じて水素の普及促進にむけて可能性と将来性を見出していきたい」としています。