脱炭素 山梨県「グリーン水素」の利用拡大に向け東京都と協定

脱炭素社会に向けた動きが世界的に加速する中、山梨県と東京都は、製造過程で二酸化炭素を排出せずにつくられた「グリーン水素」の利用拡大に向けて、28日、協定を結びました。

山梨県は、太陽光などの再生可能エネルギーから得られた電力で水を電気分解して「グリーン水素」を製造する、「P2Gシステム」の研究開発を民間企業と進めています。
こうした中、県はシステムの導入を広く進めようと、「グリーン水素」の本格的な活用を目指す東京都と協定を結ぶことになり、28日、都庁で長崎知事と小池知事が合意書に署名しました。
県によりますと、協定には、都が所有する施設で、山梨県が製造した「グリーン水素」を使用することや都内の工場でのP2Gシステムの導入を目指して、システムの小型化などを協力して進めること、それに「グリーン水素」の利用促進に向けた普及啓発活動を共同で進めることなどが盛り込まれています。
県の企業局は、「発信力のある東京都と協定を結ぶことができて、ありがたく思っている。引き続き、工場などでのP2Gシステムの導入拡大を目指すことで、脱炭素社会の実現に貢献していきたい」としています。