お薦めのワイン アプリが選びます「勝沼ぶどうの丘」

ワイン初心者でも好みのワインが診断できるアプリを甲州市の「勝沼ぶどうの丘」が開発し、今月から利用できるようになりました。

甲州市の観光施設「勝沼ぶどうの丘」は甲州市内の30あまりのワイナリーのワインおよそ200種類を取り扱っていますが、種類が多いため試飲ができない人や初心者には選び方がわからないという声があったということです。
そこで初心者でも好みのワインを楽しんでもらおうとソムリエの監修のもとアプリを開発し、今月1日から利用できるようになりました。
アプリでは第1段階として一緒に食べたい料理、ぶどうの品種、または好みがわからない人を選択し、その後、設問に従って食べ物や飲み物の好みを選んでいくとおよそ90種類の銘柄の中から1種類か2種類の好みのワインが表示される仕組みです。
肉や魚などの好みの料理に合うワインのほか、コーヒーや紅茶などの飲み物の好みからワインを選ぶことができるため、施設で試飲ができない人でもアプリを使ってワインを選びオンラインやふるさと納税で購入することもできます。
「甲州市勝沼ぶどうの丘」総務課の稲葉沙奈江さんは「ワインに興味はあるがあまり飲んだことがない人や普段ワインを飲む人にもアプリを楽しんでもらえるよう用意しました。自分には何のワインがあうかわかってもらえると思います」と話していました。