新型コロナ全数把握見直し 山梨県 自宅療養者の相談窓口開設

新型コロナウイルス感染者の全数把握が26日から全国一律で見直されるのに合わせ、山梨県は詳しい報告の対象外となる自宅療養者の容体の急変に備え看護師が24時間体制で相談を受け付ける窓口を開設しました。

新型コロナ感染者の全数把握をめぐっては、山梨県も政府の方針に沿って詳しい報告の対象を65歳以上の人や入院が必要な人、重症化リスクがあり治療薬や酸素の投与が必要と医師が判断する人、それに妊婦に限定し、26日から運用を見直します。
これに合わせて県は、対象外となる感染者で自宅で療養する人の相談窓口「健康フォローアップセンターYamanashi」を開設し、オンラインと電話で対応にあたることにしました。
窓口では看護師が24時間体制で相談を受け付けるほか、さらに体調が悪化した際は医療機関を紹介するなどの対応にあたります。
また、希望者には検査キットを配ったり、食材などを自力で確保できない人には生活物資を送付したりします。
一方、県では、毎日公表している新規感染者数の集計については、医療機関を受診した人と「健康フォローアップセンター」に登録された患者数を合算する形を取り、引き続き感染の全体状況を把握していくということです。