病院で栽培 子どもたちがシャインマスカット収穫 南アルプス

南アルプス市の病院で3年前から育ててきたシャインマスカットが実り、新型コロナの影響で外出や遊びが制限されている看護師などの子どもたちが収穫を体験しました。

南アルプス市の白根徳洲会病院では、日ざしを遮る「緑のカーテン」として、3年前から敷地内の花壇でシャインマスカットを育てていてことしは30房ほどが実りました。
この病院内の保育園では看護師など医療従事者の子どもを預かっていて、新型コロナによる医療体制のひっ迫などで、外出や遊びが制限されている子どもたちの心を和ませようと、7日、シャインマスカットの収穫体験が行われました。
参加したのは0歳から3歳までの5人で、子どもたちは保育士や母親に抱きかかえられながら、はさみを使って収穫した大きなぶどうの房を小さな手で受け止めていました。
収穫したシャインマスカットは子どもたちが持ち帰るということですが、待ちきれない子どもたちはその場で粒をもぎとっておいしそうにほおばっていました。
白根徳洲会病院地域連携室の石川加奈子さんは、「子どもたちの喜ぶ姿や笑顔にほっとしました。あしたも頑張ろうという気持ちになれるので、皆さんが健康に過ごせるようこれからも一丸となって頑張っていきたい」と話していました。