台風8号 夕方にかけてかなり接近見込み 警戒を

台風8号は夕方にかけて山梨県にかなり接近する見込みです。
局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあり、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼びかけています。

台風8号は午前9時には、静岡県御前崎市の南西130キロの海上を1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。
中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル最大瞬間風速は30メートルで、暴風域はありませんが、中心の東側390キロ以内と西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
県内は局地的に発達した雨雲が流れ込んでいて、正午までの1時間の雨量は、南部町で12.5ミリ、山梨市の乙女湖で8.5ミリ、甲州市勝沼で6ミリ、などとなっています。
台風8号は夕方にかけて山梨県にかなり接近する見込みで、県内は、局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、警報級の大雨となるおそれがあります。
14日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、峡南地域と東部・富士五湖で200ミリ、中北地域と峡東地域で130ミリと予想されています。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。