山梨県に熱中症警戒アラート「電力需給ひっ迫注意報」も継続

山梨県では29日、熱中症の危険性が極めて高くなると予想されていて、甲府地方気象台と環境省は熱中症警戒アラートを発表し、熱中症に対するいっそうの対応を求めています。
また、厳しい暑さの影響で、政府は東京電力の管内で29日も「電力需給ひっ迫注意報」を継続し、これまでより長い午後3時から午後8時までの時間帯にできるかぎりの節電を求めています。

県内は29日も気温が上がり、午前11時40分の時点で大月市で36.8度と、すでに最高気温が35度以上の猛暑日となっています。
このほか、甲府市古関で34.5度、富士河口湖町で34度などと、午前中の時点で最高気温は県内10の観測地点すべてで30度を超えています。
29日の日中の最高気温は甲府市で39度、富士河口湖町で35度と予想されています。
また、山梨県では29日、熱中症の危険性が極めて高くなると予想されています。
甲府地方気象台と環境省は熱中症警戒アラートを発表し、熱中症に対するいっそうの対応を求めています。
外出をなるべく避けることや、室内をエアコンなどで涼しくして過ごすことなどを呼びかけています。
一方、厳しい暑さの影響で、政府は東京電力の管内で29日も「電力需給ひっ迫注意報」を継続しています。
これまでより長い午後3時から午後8時までの時間帯に冷房などを適切に使用しながら、できるかぎりの節電を求めています。